お風呂リフォームで『アウトレット品』の活用方法とは?

お風呂リフォームで『アウトレット品』の活用方法とは?

お風呂のリフォームをしたいが、徹底的にコストダウンしたいと思っていますか?

お風呂リフォームの1番費用のかかる項目が、ユニットバス本体の価格です。

その最も費用のかかるユニットバス本体を格安のアウトレット品でリフォームする方法をまとめております。

お風呂リフォームを徹底的に安く行いたい方は必見です。

お風呂リフォームでアウトレットを活用する方法は下記のパターンがあります。

目次

お風呂の展示品アウトレットを使う!

お風呂リフォームする際は、実物を確認するショールームに必ず足を運びます。

そのショールームに展示されているお風呂をそのまま、自宅のリフォーム用として使う方法です。

ただ、TOTOやリクシルなど大手メーカーは、ショールームに展示されている商品を販売することはありません!

狙う展示品は、リフォーム専門店のショールームに展示されているユニットバスです!

リフォーム専門店のお風呂が狙いどころ!

ユニットバスは、数年に1回のモデルチェンジがあります。

その際に、リフォーム専門店に展示されているユニットバスは、モデルチェンジ後、販売できない商品となってしまうので、アウトレット品として、展示品販売をしているケースが多いです。

いつ販売されるか?サイズはピッタリ合うか?など適用できる条件が厳しいのも現実です!

TOTO、リクシル、パナソニック、タカラスタンダード・・・とお風呂のメーカー数に、各メーカーのお風呂が数種類あるので、モデルチェンジは意外と多いですね!

情報は紙媒体のチラシ!

情報は紙媒体のチラシ!

ユニットバスのアウトレット情報は、ネットではなく、チラシに掲載されているケースが多いです。

アウトレットを販売するリフォーム専門店では、アウトレット品を配送するコストがあるため、近場のお客様に限定して情報発信しているケースが多いためです。

よって、エリアを限定して配布できるチラシに、アウトレット品の情報が出るケースが多いです。

SNSとかだと助かるけど、意外とアナログな世界なんだね。

型落ち品のアウトレットがおすすめ!

展示品アウトレットの情報が得られない場合は、型落ち品アウトレットを狙うのもおすすめです!

型落ち品のユニットバスを利用することで、定価よりも大幅に安くリフォームが可能です。

例えば、リクシルやTOTOの新商品が出るタイミング(毎年2月~4月)では、旧型モデルがアウトレット価格で販売されることが多く、この時期を狙うとよいでしょう!

ユニットバスの値引き率一覧

また、業界では、新商品=価格改定というのが一般的で、新商品になると、同等機能でも、金額が上がっているケースが多いです。昨今の値上げブームでは、価格改定の度に、10%ほど価格が上昇している傾向があります。

最新のデザインでなくても、少しでも安い方が嬉しいわ!

施主支給を活用する!

リフォーム会社さんによっては、工事だけ代行してもらい、商品は自分で用意する、分離発注方式を取ってくれる会社さんもあります!

対応してくれるリフォーム業者は少ないですが、昨今では、自分でユニットバスをネットで購入し、工事のみを依頼すると、3割ほど全体の費用を抑えることができます!

ただし、ユニットバスの選定は専門的な知識が問われるため、ユニットバスのカタログを熟読し、購入先と確認する手間がかかります。

施主支給はトラブルが発生した場合の責任の所在が不明瞭になるリスクがあるため、信頼できる業者と相談しながら進めるのが望ましいです​。この方法は、プロ向けで、一般の方にはおすすめはしません!

一括見積サイトで「展示品OK」と伝えるだけ

お風呂のリフォームで、アウトレットを活用する、最も効率的な方法は、たくさんのリフォーム業者に「自分の家は、アウトレット品でOKです!」と伝えることです。

その方法が、下記にあるリフォーム業者の一括見積サイトを活用して、登録する際に、「自宅のユニットバスは、展示品などのアウトレット品でOKです。」と伝えるだけでOK。

後は対応してくれるリフォーム業者さんから、連絡を待つだけです。

リフォーム業者にとっても、ショールームに展示されているユニットバスは廃棄するためコストが発生します。

リフォーム業者にとっても、安くても売れる方がメリットがあるため、傷のある展示品を使ってくれるお客様が見つかると嬉しいです。

まずは、一括見積サイトで、情報発信してみてはいかがでしょうか?

お風呂リフォーム一括見積

お風呂リフォームの相見積もりは面倒!って思っている方!
今は、ネットで簡単に相見積もりが可能です!
人気のリフォーム会社に相談してみては?

\ 無料で使えるので、多くの方が利用しています! /

*ネット上なので、業者さんにお断りする際も安心ですよ!

目次